2024年6月19日
ディオール(Dior)の2018年リゾートコレクションが、アメリカ・ロサンゼルスで発表された。 東京・銀座での2017年春夏オートクチュールショーが記憶に新しい、マリア・グラツィア・キウリ率いる新生デ...

ディオール

ディオール(Dior)の2018年リゾートコレクションが、アメリカロサンゼルスで発表された

 

東京銀座での2017年春夏オートクチュールショーが記憶に新しい、マリアグラツィアキウリ率いる新生ディオール日本で桜の季節を終える頃には、ファッション界にはリゾートコレクションのシーズンが訪れるマリアにとって初のリゾートコレクションは、アメリカロサンゼルスが舞台荒野に大きな気球を飛ばし、自身の初挑戦を祝福乾いた草木が広がるブラウンカラーの大地は、マリアの新しい一歩をどう受け止めたのかディオール スーパー コピー

インスピレーションとなったのは、1951年クリスチャンディオールによって生み出された”オーバルライン”にプリント柄のスタイルだ一大ムーブメントとなったアイコンシルエットのルーツを辿るところからのスタートとなる

ムッシュがヒントを求めたのは、”オーバルライン”の誕生から10年余り前に発見された、ラスコーの洞窟だったジョルジュバタイユが「人類の夜明け」と称したその洞窟からは、力強く描かれた鹿、馬、牛などの動物たちが見つかり、人間と自然の関係性、芸術への探求心をくすぐったムッシュはこれを受け、先史時代の小像ヴィレンドルフのヴィーナスのように柔らかい、女性の身体の形を捉えた”オーバルライン”を世に送り出す

こうした観点は、マリアの手に渡り現代的なラインとして蘇るメゾンの軌跡から学んだ、膨らみや丸み、Aラインスカートを重ねたボリューム感など、オリジナル要素はそのままにオリジナリティを加えたのは、スポーツのエッセンスとポエティカルなモチーフの描き方だ

 

狼や先史時代の動物たちは、黒と黄金のようなオークルではっきりと映し出したデビューから一貫して創り出しているシースルーのドレスには、動植物を褪せた色で描き少し野性的に切り取るアースカラーのスパンコールを寄せ集め、美しい刺繍にして女性の手形の形にプロポーションや長さには手を加え、クロスボディバッグやスニーカーブーツの登場が、モダンなアレンジを視覚的に伝達する総数84体にも及ぶルックを通して、マリアが再びヘリテージの奇跡を現代へと呼び戻しているdior コピー