2024年5月22日
ディーゼル(DIESEL)は、2022-23年秋冬コレクションのショーを、東京ビッグサイトにて開催。ランウェイには、水原希子、Kemio、大平修蔵、ローレン・サイ、YAMATO、UTA、福士リナらがモ...

エルメス

【エルメス】エルメス トートバッグ エールライントートPM QJ10

Hermes コピートートバッグ2023年最新作メンズ&レディースウェア、アクセサリー、時計、フレグランスなとアイテム徹底網羅通販店舗エルメス スーパーコピー Tシャツ信頼できるお買い物サイトHermes 偽物 サンダル高級備品n級品必ず届く激安直販安全サイト

エルメス トートバッグ エールライントートPM エルメス バッグ QJ10

色: ブラック×ダークグレー×シルバー金具素材: コットンキャンバスサイズ: W30.5cm×H24cm×D8cmA5サイズまで対応重量: 約400g仕様: バッグ開閉口/Wファスナー開閉オープンポケット1付属品: カデナ鍵2本エルメス トートバッグ エールライントートPM エルメス バッグ QJ10エルメス トートバッグ エールライントートPM エルメス バッグ QJ10エルメス トートバッグ エールライントートPM エルメス バッグ QJ10推奨商品住所:https://www.replicajp.com/p-29598.html

【エルメス】エルメス トートバッグ エールライントートPM QJ10

【エルメス】エルメス トートバッグ エールライントートPM QJ10

ディーゼル(DIESEL)は、2022-23年秋冬コレクションのショーを、東京ビッグサイトにて開催ランウェイには、水原希子、Kemio、大平修蔵、ローレンサイ、YAMATO、UTA、福士リナらがモデルとして登場した

ディーゼルが東京でショー開催

ディーゼル 2022年秋冬コレクション、東京でショー開催 - 多彩に混ざり合う個性|写真2

日本とディーゼルとの強いつながりを称える、今回のショー真っ赤にライティングされた会場内には何体もの巨大バルーンが装飾されているイタリアミラノで披露されたショーを思い起こさせるダイナミックなバルーンの数々は、まるでテーマパークに来たかのような非日常を空間いっぱいに充満させた入場するや否やサプライジングな遊び心ある演出に、来場者たちは皆写真を撮ったり辺りを見回したりと楽しそうな賑わいを見せていた

多様な要素をミックス

ディーゼル 2022年秋冬コレクション、東京でショー開催 - 多彩に混ざり合う個性|写真3

ショーは、アイコニックなレッドカラーに彩られた日本限定ピースから幕を開けた浮かび上がるのは、”多種多様”というワードだデニム、ユーティリティ、ポップ、職人技という4つの要素を軸にしつつ、バラエティに富んだテクスチャーとシルエットが混在し相互に引き立て合っているルックのまとう雰囲気も、ヴィンテージ風とフューチャリスティック、ワークテイストの無骨なムードと繊細な華やかさがあるなど、色々なエッセンスがふんだんににミックスされていた

ダメージ&メタリックなど素材の表情を引き出す加工

ディーゼル 2022年秋冬コレクション、東京でショー開催 - 多彩に混ざり合う個性|写真38

注目したいのは、多彩なテクスチャーを実現させる“素材の加工”だ例えばダメージ加工を施したヒップハングデニムにはじまり、ヴィンテージ風の風合いに仕上げたレザーブルゾン、服の上からまんべんなくスプレーを吹きかけたかのようなメタリックカラーのニットドレスやスカートなど、元々の素材から加工によって様々な表情を引き出したウェアが展開されている

ディーゼル 2022年秋冬コレクション、東京でショー開催 - 多彩に混ざり合う個性|写真58

オーガンザをねじって立体感を生み出したトップスや、デニムを手作業で裁断し、ループ状にしてフェイクファーのようにあしらったダイナミックなガウン、艶やかなコーティング加工を施したアウターやパンツもまた、インパクトのあるピースだ

ディーゼル 2022年秋冬コレクション、東京でショー開催 - 多彩に混ざり合う個性|写真53

また、前面を毛羽立たせたかのようなダメージデニムのコートや、壁から剥がれ落ちたコンサートのフライヤーを思わせるコート、デニムパンツは、時を経て風化したかのような佇まいにエルメス サンダル コピー破れたり綻んだりした生地ならではの落ち感やドレープを生かした、独特のエレガンスを帯びたシルエットも目を引いた

大胆さとミニマムのコントラスト

ディーゼル 2022年秋冬コレクション、東京でショー開催 - 多彩に混ざり合う個性|写真20

加えて、大胆なシルエットとミニマムなピースのコントラストも印象的トロンプルイユのボディスーツやタイトなセットアップ、シースルーのメッシュカットソー、ブラトップ、ベルトそのものをスカートとして身につけたマイクロなミニスカートなど、最小限にコンパクトなピースが展開された一方で、たっぷりと生地を用いてオーバーシルエットに仕立てたデニムコートや、すっぽりと身体を覆うムートンコートなど、あえてゆったりと仕上げたピースが登場している

ディーゼル 2022年秋冬コレクション、東京でショー開催 - 多彩に混ざり合う個性|写真26

両極端なピースの個性をそれぞれ際立たせながらコレクションに組み込んでいくことで、多角的かつ流動的なスタイルを提示スーパー コピー エルメス多様なエネルギーが交差しぶつかり合うことで、自由な雰囲気がさらに強調されていた