2024年6月19日
サポートサーフェス(support surface)の2023年秋冬コレクションが、2023年3月16日(木)、東京国立博物館 表慶館にて発表された。テーマは、「Texturefull」。「基本的に無...

サポートサーフェス(support surface)の2023年秋冬コレクションが、2023年3月16日(木)、東京国立博物館 表慶館にて発表された。テーマは、「Texturefull」。

素材の質感と表情

サポートサーフェス 2023年秋冬コレクション - 柔らかく波打つテクスチャー|写真60

「基本的に無地が好きです」と語るサポートサーフェスのデザイナー研壁宣男は、しかし、今季の出発点に、質感と表情に富んだ素材のイメージがあったという。無地とは、単にさらりと平滑な平面を意味するとは限らない。手触りの豊かさ、あるいは譬喩的に「湿り気」を帯びた雰囲気が、今季のコレクションの基底にある。

サポートサーフェス 2023年秋冬コレクション - 柔らかく波打つテクスチャー|写真1

コレクションの基調となるのは、エレガントな佇まい。ドレスやブラウスは、大きくドロップさせたショルダーや大胆なラグランスリーブを採用することで、ゆとりのあるシルエットに。しかし、随所にギャザーを寄せ、あるいはバルーンスリーブの袖先は絞るなど、柔らかく丸みを帯びたフォルムを上品で華やかな雰囲気に昇華させている。あるいはパンツはワイドシルエットながら、センタープレスやウエストのダイナミックなタック、あるいは大胆な切り替えによるドレープ感により、やはり上品な佇まいを示している。

サポートサーフェス 2023年秋冬コレクション - 柔らかく波打つテクスチャー|写真56

さて、素材の「豊かさ」に移ろう。無地と柄を織り交ぜつつ構成されるなか、まず、柄にほいては大小さまざまな花柄や、格子柄が用いられている。ドレスやスカートなどに用いたほどよい光沢を帯びたファブリックには、油彩を彷彿とさせる大胆な花柄を。ブラウスなどに見られるシースルーのレースには、控えめながらも彩りが際立つ小花柄を。また、ラメ糸を織り込んだファンシーツイードは、クルーネックのドレスやブラウスなどに採用されている。

サポートサーフェス 2023年秋冬コレクション - 柔らかく波打つテクスチャー|写真16

一方、無地においても素材感の豊かさを見て取れる。たとえばオーバーサイズのベストやカーディガンには、複数の編み地のニットを組み合わせて採用。ケーブルニットにざっくりと透け感のある編み地などを組み合わせ、1着のなかでも表情の豊かさが際立つ1着に仕上げている。

サポートサーフェス 2023年秋冬コレクション - 柔らかく波打つテクスチャー|写真51

カラーは、シックなグレー、ブラックやホワイトに加えて、豊かな柄の彩り、そして鮮やかなピンクやマスタードイエローを採用。ダブルブレストのジャケットやロングコート、カシュクールニットなどに大胆に用いている。