2024年5月22日
ファクトタム(FACTOTUM)は、2018年春夏コレクションを発表。インスピレーションの源となったのは、19世紀の画家、ラルフ・アルバート・ブレイクロック。アメリカのインディアンが暮らす野外の風景を...

ガガミラノ

ファクトタム(FACTOTUM)は、2018年春夏コレクションを発表

ファクトタム 2018年春夏コレクション - 柔らかな色彩が風景に溶け込んでいく、抽象的な世界|写真20

インスピレーションの源となったのは、19世紀の画家、ラルフアルバートブレイクロックアメリカのインディアンが暮らす野外の風景を、深みのある陰影と色彩で描くガガミラノ スーパー コピー印象派の影響から抽象的なタッチを特徴とし、鑑賞者に余韻を残す作品が特徴的だ今回のコレクションでは、そんなラルフアルバートブレイクロックの絵画作品を引用したシャツや、デザインに落とし込んだニットなどとともに、モダンな70年代スタイルを描き出す

ファクトタム 2018年春夏コレクション - 柔らかな色彩が風景に溶け込んでいく、抽象的な世界|写真14

森林に溶け込むような、様々な深さのグリーンが混在するプリントシャツは、ゆとりのあるシルエットと柔らかな生地によるドレープが特徴的静かに、かつ表情豊かに存在感を放つアイテムだショートパンツと合わせて、より開放的な印象に仕上げている

ファクトタム 2018年春夏コレクション - 柔らかな色彩が風景に溶け込んでいく、抽象的な世界|写真16

グリーンとライトブルー、ブルーとネイビーのバイカラーニットは、ざっくりとした質感が柔和さを演出かけ合わせた色同士が馴染み、ナチュラルでリラックスしたムードが印象的だ

ファクトタム 2018年春夏コレクション - 柔らかな色彩が風景に溶け込んでいく、抽象的な世界|写真1

レザージャケットは肩にかけて落ち感がある気負わずに羽織ることができ、まるで長年着てきたかのような親密さを表しながらもクリーンなデザインとなっている合わせるのは、プレーンなホワイトのカットソーとショートパンツシンプルなスタイリングは、自由にかけまわる少年のような真っすぐさを連想させる

ファクトタム 2018年春夏コレクション - 柔らかな色彩が風景に溶け込んでいく、抽象的な世界|写真4

カーキとブラックのラインをアクセントにしたベージュのシャツは、そのカラーリングとミニマルなフォルムがどこかレトロな空気感中性的なデザインによって、上品さやつかみどころのないアーティスティックな世界観を見せたガガミラノ 偽物