2024年6月19日
ディオール(DIOR)が、モロッコ・マラケシュで発表した2020年リゾートコレクション。相互理解の基盤となる「コモン・グラウンド」という思想がテーマになっている。舞台は、ムッシュ ディオールの最初の後...

ルイヴィトン

ディオール(DIOR)が、モロッコマラケシュで発表した2020年リゾートコレクション相互理解の基盤となる「コモングラウンド」という思想がテーマになっている

舞台は、ムッシュ ディオールの最初の後継者イヴサンローランが愛した場所、マラケシュメゾンにとって特別な場所で行われたショーでは、特別なピースが誕生している

「アフリカン ワックス」ドレス

ディオールの新作ウェア&アクセサリー、マラケシュで発表した20年リゾートコレクションより|写真2©MORGAN O’DONOVAN

一つはコレクションの象徴となる「アフリカン ワックス」ヴィトン サングラス コピーマリアグラツィアキウリは、コートジボワールにあるユニワックス(Uniwax)の工場とスタジオとのコラボレーションによりオリジナルのテキスタイルを作成

ディオールの新作ウェア&アクセサリー、マラケシュで発表した20年リゾートコレクションより|写真6©MORGAN O’DONOVAN

生地を織る際に、トワル ドゥ ジュイやタロットモチーフなど、マリアが大切にしているディオール コードを緯糸に織り込むことで、アフリカンカルチャーとパリのエスプリが効いたスペシャルなデザインを完成させた

ディオールの新作ウェア&アクセサリー、マラケシュで発表した20年リゾートコレクションより|写真10©MORGAN O’DONOVAN

豊かな大地が生んだ自然や動物たちをモチーフに大自然のパワーを表現したテキスタイルは、サンドカラー、インディゴブルー、灼熱のレッドオークルなど様々なパレットで彩られ、ドレスとなりコートとなりコレクションに登場している

アフリカンカルチャーを彷彿とさせるヘッドピース

ディオールの新作ウェア&アクセサリー、マラケシュで発表した20年リゾートコレクションより|写真28©Inès Manai

アフリカンカルチャーを強調させたヘッドピースは、帽子職人とタッグを組み生み出したもの帽子デザイナーのスティーブンジョーンズが、マーティンヘンリー(Martine Henry)とコラボレーションし、ターバンを作成

ヘッドウェアで頭部を飾ることは、品格と洗練のシンボルを意味しているという

アフリカ人アーティストとコラボした「バー」ジャケット

ディオールの新作ウェア&アクセサリー、マラケシュで発表した20年リゾートコレクションより|写真21©Inès Manai

ディオールアイコンピース「バー」ジャケットは、2人のアーティストによって再解釈

ディオールの新作ウェア&アクセサリー、マラケシュで発表した20年リゾートコレクションより|写真18©Inès Manai

1940年代に愛された細いウエスト、すそ広がりのスカート、優しいショルダーラインの“ニュールック”は、アフリカ系アメリカ人のコンテンポラリーアーティスト、ミッカリーントーマスと、LVMHプライズのグランプリ受賞者グレースウェールズボナーの視点を通してモダンに生まれ変わってるヴィトン ネックレス コピー

ディオール2020年リゾートコレクションよりディオール2020年リゾートコレクションより

シックなブラックのボディに映えるのは、大自然のパワーを感じさせるレッドオークルの装飾きゅっと絞ったウエスト下に配されたポケット、そして細身なアームの袖口にあしらわれている