【シャネル】シャネル 2019-20年秋冬コレクション – カール ラガーフェルド最後のクリエーション

シャネル

シャネル(CHANEL)の2019-20年秋冬 プレタポルテ コレクションが、フランスパリで発表された同シーズンは、故カール ラガーフェルドが手掛けた最後のコレクションとなった

美しい冬の1日の物語

シャネル 2019-20年秋冬コレクション - カール ラガーフェルド最後のクリエーション|写真1

シャネルのショーは、見るものにとって毎シーズン“特別な時間”それが今季はより“特別”だったなぜなら、長年にわたってシャネルを率いていたカール ラガーフェルド最後のクリエーションとなったから披露の場は、グランパレに設置されたのどかな雪山カールと、新たにデザイナーに就任することとなった、彼の右腕ヴィルジニー ヴィアールが思い描く、美しい冬の1日の物語は優しく心に響いていった

ショー序盤、確立されたダンディズム

シャネル 2019-20年秋冬コレクション - カール ラガーフェルド最後のクリエーション|写真11

ツイードのオーバーコートとハイウエストのワイドパンツのコーディネートで、モデルたちが雪山を闊歩するダブルやストレートのオーバーコートにはハイカラーやショールカラー、ミニケープが施されていて、レトロマニッシュな風貌だホワイト、ブラック、ベージュ、ネイビーとスタンダードなカラーが序盤を占領し、エレガンスとダンディズムを確立している

満たされていく、ロマンティックなスピリッツ

シャネル 2019-20年秋冬コレクション - カール ラガーフェルド最後のクリエーション|写真19

ロマンティックな要素を垣間見たのは、フリルに満たされたブラウスや、柔らかなフレアスカートが登場して以降雪の結晶のモチーフを配したニットトップやワンピースが続き、フェミニンなムードが解放されていく太いベルトやチェーンバッグ、耳元で揺れるゴールドのイアリングなど、雪山にはそぐわない“気品”が感じられるのも面白い

シャネル 2019-20年秋冬コレクション - カール ラガーフェルド最後のクリエーション|写真41

やがてヴィヴィットな色の世界へと引き込まれ、雪山とは思えぬほど都会的なワードローブと、対照的なスポーティーなアイテムが交差するダウンジャケットにはビックチェック柄のツイード素材のワイドパンツ合わせ、スキーのチケットが入るようなパッチポケット付きのツイードジャケットには、ペンシルスカートをスタイリングしている

可憐で無垢な一面を

シャネル 2019-20年秋冬コレクション - カール ラガーフェルド最後のクリエーション|写真69

フィナーレにかけては、雪山と同じ“ホワイト”がメインカラーとなったスノーボールのようなスカートやドレスには、シフォンや羽が用いられ、トップスの胸元には、ホワイトとゴールドのビニールの雪の結晶が刺繍されている序盤にはなかった女性の儚さ、優しさ、そして可憐さが増幅していく

シャネル 2019-20年秋冬コレクション - カール ラガーフェルド最後のクリエーション|写真71

別れを惜しむ一方で、やはり彼のクリエーションは最後までドキドキやワクワクを感ぜずにはいられなかったガブリエル シャネルから引きついだ、可憐で、強くて、かっこよくて、洗練されていて、それでも遊び心のある女性の在り方みんなが羨むような女性像の提案

思わぬ最後となった、カールが描いた女性像は、この穏やかな雪山の中だけでなく、今後シャネル ブティックから発信された街中で、まるで新雪のような煌きを届け続けるシャネル コピー 激安この先何年経ったとしても、彼が遺したものは、世界中の女性に希望を与えてくれるだろうやはりカールはモードの帝王だシャネル アクセサリー コピー